豊橋自然歩道の一部を廃止します

豊橋市議会議員 近藤ひさよし です

5月30日は『ごみゼロの日』です。豊橋発祥530運動はみなさんしましたか?ゴミを減らすことの創意工夫や清掃活動をすることによって、いま一度環境について考える機会になりますね。


今回は、豊橋自然歩道の一部を廃止します についてです。

豊橋自然歩道の一部を廃止します

 豊橋自然歩道の維持管理が、豊橋自然歩道推進協議会から市に一部移管されることに伴い、令和4 年9 月1日(木)より豊橋自然歩道の一部を廃止することになりました。廃止に伴い、各自然歩道の出入口に廃止告知看板を設置します。また、廃止後は立入禁止となりますので、立入ができないようにロープ・杭等を設置します。

■時期

告知看板設置 令和4 年6 月1日(水)から令和4 年8 月31 日(火)
立入禁止 令和4 年9 月1日(木)から

■廃止路線(別紙参照)

・中山自然歩道(支線) ・中山峠~本坂峠(本線)
・長彦自然歩道(支線) ・石巻巡回遊歩道北側
・赤岩自然歩道(支線) ・赤岩寺自然歩道(支線)
・多米自然歩道(支線) ・神石山自然歩道(支線)
・普門寺自然歩道(支線) ・大脇自然歩道(支線)

■経 緯

 豊橋自然歩道推進協議会は、これまで豊橋自然歩道を整備し、その維持管理を行ってきましたが、会員の高齢化等を理由に令和5年度末に協議会を解散することとなりました。
 それに伴い、令和4年4月15日(金)に開催された豊橋自然歩道協議会総会において、豊橋自然歩道の一部を廃止することが決定されました。
 今後は存続する一部路線の管理が市に移管されることになりました。

自然歩道を維持管理するのに4000万円ほど年間予算がかかっています。

今回減らしたことで、数100万円の予算の削減には繋がりますが、コロナ禍で自然歩道を楽しむ方が増えました。

企業版ふるさと納税や、グリーンクレジットなど新たな手法を含めて継続する道を模索してみたいと思います。

赤岩寺のところ‥少しショックでした。


ではまた!

#豊橋 #豊橋未来づくり #豊橋市 #豊橋自然歩道  #廃止 #一部移管 #豊橋自然歩道促進議会 #立入禁止 #廃止路線 #豊橋市議会議員 #豊橋市議会 #とよはし #近藤ひさよし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。