まちなか図書館・まちなか広場【ロゴマーク発表】 #豊橋 #まちなか図書館 #まちなか広場

豊橋市議会議員 近藤ひさよし です

「春の全国交通安全運動」が6日から15日まで実施されます。

入園、入学のお子さんや、初心者マークの通勤通学で不慣れの中過ごされている方が多くいます。

交通事故ゼロを目指し、安全運転に努めましょう。

今回は、まちなか図書館・まちなか広場ロゴマーク発表 についてです。

596663

“集い、つながり、発信する。”
まちなか図書館・まちなか広場ロゴマークの発表について

駅前大通二丁目に令和3 年11 月下旬オープン予定のまちなか図書館及び令和3 年秋オープン予定のまちなか広場について、新たな交流拠点・まちづくりの拠点としてのシンボルとなるロゴマークを制作しました。

■ロゴマーク
Img264

まちなか図書館ロゴマーク デザインコンセプト

基本理念「世界を広げ、まちづくりに繋げる知と交流の創造拠点」をイメージしました。
図書館は本だけではなく様々な情報が集まる場所であり、人が集まる場所でもあります。
黒のラインは、図書館を構成する“ウェルカムゾーン” “グローアップゾーン” “アクティブゾーン” “ラーニング・クリエイティブゾーン” “リラクゼーションゾーン”の5 つのゾーンを本に見立てています。
左右に広がるドットは、“まちなか図書館”を中心に人が往来する様子と、知識・情報が集まり発信する様子を表し、5 色のカラーも“まちなか図書館”の5 つのエリアのアクセントカラーと連動しています。

まちなか広場ロゴマーク デザインコンセプト

多目的広場の象徴的な形状である楕円をモチーフに、多くの人が集まってくる様子をイメージしています。
6 つの楕円は、広場活用イメージとして掲げる“1.走ったり・転がったり” “2.食べたり・飲んだり” “3.触れたり・観察したり” “4.歌ったり・演奏したり” “5.見たり・見られたり” “6.読んだり・休んだり”をできる場所であり、多目的に活用できるとい
うことをシンボリックに表し、楕円の重なりは、人と人とのつながりと交流を表しています。
6 つの異なる色は、賑やかで楽しそうなイメージを表現し、多くの人に親しみやすく、安らぎを与えられるようパステルトーンの柔らかい色を使用しています。

【参考】
ホームページURL
http://www.library.toyohashi.aichi.jp/index.php?key=joexxiiek-379#_379

ではまた!

#豊橋 #豊橋未来づくり #豊橋市 #まちなか図書館 #まちなか広場 #ロゴマーク #シンボル