災害指揮車【PHEVに】 #豊橋 #災害指揮 #PHEV

豊橋市議会議員 近藤ひさよし です

大相撲横綱の鶴竜が現役引退することになりました。

異国から来て横綱までの昇りつめ、ここまでのとても大変な道のりだったと思います。

お疲れさまでした。

今回は、災害指揮車をPHEV についてです。

2366223

走る「電源」!

災害指揮車をPHEVに更新します

ひとたび大規模災害が発生すればライフラインは寸断されます。本市では、災害による長期停電に備えるため、災害指揮車をアウトランダーPHEV に更新します。

大容量バッテリーを搭載した本車両は、災害時においても電力を独自に確保し、ドローン等による継続した情報収集活動を可能とします。
また、被災地での活動に欠かせない機動性と安全性能等を有しているため、被災各地へ出動し支援を行うことも可能となります。

特徴1 停電時での情報収集活動が可能
携帯電話、衛星携帯電話、パソコン、Wi-Fiルーター及びドローンのバッテリー等を災害指揮車で充電することで継続的な災害対応が可能

特徴2 ガソリン満タンで最大約10日分の電力が供給可能
満充電の状態で一般家庭の最大約 1日分、エンジンでの発電も組み合わせれば、ガソリン満タンで最大約 10日分(※)の電力が供給可能
※一般家庭での一日当たりの使用電力量を約 10kWh/日として算出した場合(三菱自動車工業㈱による試算)

特徴3 災害指揮車に必要な強靱さと機能
4WD ならではの優れた走行性能、複数のシステムが支える安全性能、電気とガソリンのハイブリッドシステムによるエコ性能など、災害対策車両に必要な強靱さと機能を備えている

[E:#x2606]災害指揮車の展示について
日 時 令和3年3月26日(金)
午前11時~1時間程度
場 所 豊橋市 市民ひろば
内 容 ・車両の展示
・性能の紹介
・車載資機材の展示

Img187

ではまた!

#豊橋 #豊橋未来づくり #豊橋市 #災害指揮車 #PHEV #災害 #被災地 #ハイブリッド